洗濯し衣裳をたたまず収納、というのだけは受け入れられない

ファミリーの時短がもてはやされて掛かる今どき。
私もあんな丁寧な人ではないので、参考になるノウハウは真似させていただいています。
鍋の余熱を利用した差し置くクッキングとか。
なんでも組み込みおき洗顔とか。
しかし、中にはやむを得ず受け入れられない存在もあります。
最たる例が、「洗濯した衣裳をたたまない」というものです。
たたまずに、ハンガーにかけたとおりTシャツでもなんでもタンスに収納するとか。
あるいは、インナーや靴下などを、ひとつひとつ決まったカゴに放り込んで、そこからはおる際に現すだけとか。
いずれも無理ですわ、こちらには。
タンスはギュウギュウにしておきたくないので、Tシャツだのブリーフだの徹底ハンガーにかけておくなんてだめ。
インナーや靴下などを、かなり使用済みの洗濯モノのようにグシャグシャにカゴに入れておくなんて、気楽でもイヤだわ。
そこはひと厄介かけてでも、本当にたたんでウォークインクローゼットに保護したいですね。
ほぼ、こちらはそこまで手抜きじゃないですから、本当にたたんでしまいますけど。