全ては自己責任、議題の直後に訪れたティーンエージャー同士の疑心暗鬼

N・Hは不敵な笑みを浮かべていたような気がしたが、あの面構えに果たしてどんな気分が含まれていたのか、樹はその実態ばかりが気になって仕方がない。
「過去に居た生徒の間で正にそういった事例があります。その時は当事者の我が家どちらか先方が出向くという形でけじめをつけて貰いました。どちらが出て行ったかはごバーチャルにお任せする」
 皆が一斉に私を乗り出したかと思えば、N・Mが実態の顛末を話すと一斉に私を引いた。僅かなざわめきの後に近々静謐が訪れた。
 道場には治外法権的現状もあるようだ。
静けさの中で自身は、M・TがなぜそのヒヤリングをN・Mに投げ掛けたのかと算段に耽っていた。そしてはからずも念頭で一つの不純な関係が思い浮かんでM・Tに耳打ちした。
(お客様本当に、マミー漁りにこんな所まできたの?)
 M・Tは呆れたように嘆息をついて首をとなりに振った。さすがに失敬だったか。
(それよりここが聞きたいくらいだよ)
(え、何が)
(お前やN・Tこそ、面白半ばで自分を追って付いてきたんじゃないかって)