いい天気だとお昼寝日和だけど、そのあとがつらい

先週末の日曜日は、朝からこの上なく天気もよく、窓から入る風もとても気持ちがよかったです。
ここ数週間のところ、ずっと曇りや雨のような冴えない天気が続いていたし、何も予定のない週末も久しぶりでした。
どこか出かけようかと思ったのですが、シーツや布団のカバーのような大きなものを洗濯したりしているうちにお昼になってしまいました。
結局、午後も「あえて混んでいる場所に出かける必要もないか」と、家の中でのんびり過ごしていました。
でも、自業自得というべきかもしれませんが、あまりの気持ちよさにうとうととお昼寝をしてしまいました。
目が覚めたらすっかり部屋は暗くなっていて、そろそろ夕飯を食べるような時間になっていたんですよね。
まあ、昼寝というのも気持ちの良いものだし、ぼんやりとした体の疲れは取れたように感じたので、それほど悪いものではない気もしれません。
でも、昔からそうなのだが、お昼寝をしてしまうと、夜寝れなくなるというのがなかなか困るんですよね。
夜になってから「なんで昼間に寝てしまったんだろう」と、いつも激しく後悔したりします。キレイモ 脱毛 効果